2006年11月19日

巨大結腸症

なんと…今度はプラムさんの登場です。
ココ最近毎日の排便がなく、二三日に一回くらいの割合でしかしなかったプラムさん。
でも出ないわけじゃないしって気にも留めてなかったのが現状だった。
そしたら昨日いきなり、15年と7ヶ月…一度も食べなかった事のない缶詰ご飯を拒否(驚)
でもって雄叫びをあげた…。びっくりしてママと様子を見てたら、歩く事も間々ならず、そう言えば排便見てないなぁ…と思いおトイレチェックをしたら、やっぱり一粒もない。
高齢って事もあったから、お迎え?と思った(泣)
でも良く考えたら、三、四日見てない(運子さん)のに気づき、お腹を触ったら、硬い何かがあるのに気づき、もしかして運子さん?と、ただし夕べの夜中に起こった出来事&今日は朝から法事でバタバタ…とにかく診察時間が始まる時間に病院に電話して応急処置を聞いた。でもって午後診察に行く事を約束して・・・結局便秘による巨大結腸症…骨盤よりでっかい運子さんがいた…握りこぶし弱はあったので運子さんだとは思わなかった私。。。ごめんよプラム〜〜〜今度からは気をつけますフン
結局、このままにしておくと食事もとれず、運子さんも出ず、衰弱死してしまうので、怖いけど先生と相談して麻酔をかけて運子さんを取り出してもらった。なんとその量頭二個分はあったよ。
この病気…どうする事もできないみたいで、とにかく毎日の運子さんチェックで軽い便秘のうちに処置を・・・麻酔なしで出来る処置をする事になったよ。でも、色々ネット検索をして最適な何かを見つけるように頑張らなきゃです。


猫の便秘は、一般の人の想像をはるかに超えて重症化する場合が多くあります。なんと、便の太さが骨盤の広さを超えることがあるのです。これを「猫の巨大結腸症」と言います。
こうなると、便を出そうといろいろな薬を使っても効果は有りません。それどころか、物理的に便は骨盤を通過できないので、かえって具合が悪くなってしまいます。こういう時は、多量のかん腸液を肛門(こうもん)から結腸内に入れて便を柔らかくした後、おなかの皮膚の上から大きな便の塊を指を使って少しずつ崩し、同時に肛門から指を入れて少しずつ便をかき出します。
この病気は、先天性の場合や交通事故の後遺症などを除けば高齢の猫に発症します。最初は毎日出ていた便が1日おきになり、3日おきになりついには1週間も2週間も出なくなって、あわてて動物病院に連れて行ったら「巨大結腸症」になっていた、ということがありがちです。たかが「便秘」と軽く考えないで、ひどくなる前に動物病院に相談しましょう。。。

ニックネーム ねっちゃん at 01:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

あかねちん

半年位前からかなぁ?
あかねの背中の一部分の毛質が変わり始めたのは・・・。
痒がるわけでもなかったし、発心も赤みもなかったから、気にはしてたんだけど様子を見てたんだよね。
そしたら…なんと薄くなってきた…発心赤みなし…でも少し痒がるし気になるので病院にGO〜しました。
たぶんホルモン系?
現状じゃわからない・・・たぶんもっと毛が薄くなるって話だったよ。
一ヵ月後の様子を見て検査するか?そのままか?決めるって話。
よく他犬種では見てきたし、知ってたけど・・・マルチーズが丸はげ?
病院このままで良いのか?悩みどころです。
実はあかねの胴体の女の子は、血液の病気で亡くなってるの。
しかも4歳という若さで…。多分あかねも血の関係で(血…濃いんだよぉ)遺伝性疾患みたいなのは持ってると思われます。いつスイッチONするか?
とりあえず体重変動もないし、現状維持…様子見って事だったけど、今より酷くなったら、一ヶ月待たずに病院GO〜で結果納得できなかったら、転院かなぁ?でも良い先生いないんだよね(悲)
ニックネーム ねっちゃん at 02:40| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

病院

今日は案外早く終われたので、ライアンと琴を連れて病院にお薬を貰いに行ってきた。ライアンも思った以上に体調が良い事、琴は大きな発作を起こさず、少ない投薬で治まってて、ステロイドも使ってない状態だって事を話して、まず寒い時期の第一歩はまずまずって事で・・・。帰ろうと思った時に、体重量ってもらったら…ライアン2,9キロ〜変わらず。琴2.7キロ〜二ヶ月で250グラム痩せ(悲)もう少しフードを増やすことに(ダンルイに便乗して、少なめにあげちゃって?たかなぁ反省)でもそれでも減っていくとオカシイんだけどね…。ただし、ライアンの体温が…37.5度しかなかったので、薬の回数を増やすことにしました。ただし、一時だから安心値かなぁ?
写真は全く関係ない・・・飛んでみたりぃ〜のダンだよぉ。
PB090249.jpg
ニックネーム ねっちゃん at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

あらまぁ(笑)

PA300045.jpgまたまた随分オサボリしてしまいましたがく〜(落胆した顔)
約一ヶ月のご無沙汰(爆)
shikaの日記を見てくれてたら大体の事がわかるから、ついつい「まっ良いかぁ〜」って思っちゃうんだよね。

ココ一ヶ月…
ライアンは一ヶ月の抗生剤投与が終わって元気満タンだったんだけど、投薬終了後まだ二週間…調子は良好だけど何だか手放しで喜べる状態ではなさそうな?もう少し様子見て今私が思ってる事がビンゴになったら病院GO〜かなぁ?
ダンルイは本当お玉があってもなくても変わらない犬(笑)
すこぶる元気るんるん
少し変わったのはマーキングの量?かなぁ?
琴は気管虚脱の大きな発作が約一年…一日一回しか投薬してないのに落ち着いてる(マックスだと一日三回…5粒のお薬)…これから寒くなるから気をつけなきゃね。
わんぱらシニア軍団なんとか元気にすごしてましたぁ。
私も春からの体調不良から、珍しい事に喘息のお薬を勝手に止めず…真面目に半年飲み続けGood風邪もひかず?発作も出ず快適?に過ごしてます。まっ、二週間分を三週間かけて飲んでたりするけど〜(笑)
わんぱら軍団最後のバースデーのとりを勤めた琴吹プレゼント
来年もみんな揃ってお祝いできると良いなぁ〜と思います。

今年も残すところ後二ヶ月…今年もあっという間に過ぎ去ろうとしてますなぁ〜。
ニックネーム ねっちゃん at 01:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

可愛い♪

PA010088.jpg顔(メロメロ)親ばかだけどぉ〜可愛いなぁ黒ハート
最近何にもやる気がないなぁ〜って。
少し気分転換しなきゃです。

っつうか、またshikaから画像拝借…自分で写真撮れよふらふらだよねあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム ねっちゃん at 03:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

一日遅れのはっぴばぁすでぃ

P9250051.jpgダンクリさん8歳になりました黒ハート
あっという間に8歳シニアだねぇ。
縦社会のわんぱら軍団・・・どんなに頑張ってもダンクリはしたっぱ。
きっとニューフェイスが来るまで…
犬生の折り返し地点…健康で長生きしてね♪

ライアンさん、投薬の効果が出てきました。
ウエストもキューッってなってきました。やっぱし腫れていたんだろうね…。おまたさんも大分落ち着いてきたし、ダンルイは無反応だし〜後十日分薬を出してもらいました。(…もっと早く出してよ…っと思った私)これで落ちついてくれたら良いなぁと願ってます。

ニックネーム ねっちゃん at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

ライアン

0-rai-06.jpg12月から妙な発情が続いてたライアンかぁさん…。
でも様子を見る…様子を見る…(そのつど病院で院長と相談しながら…)7月にやっと落ち着きルイも無反応になって喜んでたら8月半ばからまた発情?状態(涙)
でも、これを発情という事で日数計算してたんだけど、今日現在も続いてて、また半年も続きそうだったから今日から十日間お薬を処方してもらった…。全くの無症状で陰部が大きくなってダンルイにアピルだけ…。一日でも早く落ち着くように願う私ですくすり

話は変わって、ダンルイ親子…
ライアンの診察ついでに術後一週間たったので傷口を見てもらおうと一緒に病院に連れて行ってたので診てもらったら、あがりが良いので抜糸をしましたはさみ
生殖能力は去勢後でも3ヶ月はあるらしい?人間は半年もあるんだって???反対だったかな?
最近寒暖の差が激しく、私も気合を入れて風邪を引かないよう、喘息を起こさないよう日々気張ってます(笑)
ニックネーム ねっちゃん at 02:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

無事に終了

P9110101.jpgルイルイ&ダンの去勢手術無事に終了です。
病院に預けたとき、ルイは「俺帰る〜〜〜」って無言で先生を蹴り蹴りしてました。ダンはアシの女の子に抱っこされて「ムスッ…」
後ろ髪をひかれる思いだったけど「んじゃ」って出てきました。
迎えにいったら「ベロベロ〜〜〜ハニャハニャ」ってルイはおしゃべり・・・ダンは、やっぱしムスッってしながら私にベロンベロン。
なんと想像通りの展開&帰った後も想像通り(笑)
いたみより、色気…痛みより行動…知らない人でもお愛想フリフリ♪術後だってルンルン挨拶☆大人のマナー?…BYルイス
とにかく痛い…動かないに限る・・・痛いよぉ(泣)…知らない人になんか一々挨拶してられっかぁ…この中においらを痛い目に合わした犯人がいるじょ・・・ぢぎしょぉ〜〜〜BYダン

そうそう、消毒液(たぶんイソジン)ダンはオマタのあたりやこう門、お腹がイソジン色になってたけど、ルイは何故か背中まで…いったい?
傷口はかなり痛そうだけど、腹バリカン負けしてて真っ赤です。たぶん0.0何ミリってやつでしょうね。お写真はshikaのブログから拝借(でへっ)
もう一回そうそう、二人とも歯石も取ってもらって息スッキリだよ。たぶん一ヵ月後には汚くなってるでしょうが(汗)
ニックネーム ねっちゃん at 03:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

またまた…(笑)

かなり長くさぼってましたたらーっ(汗)
何故か一度サボり始めたら癖になっちゃうんだろうか?
謎だよね(たんにモノグサなだけだけどBad

今日は動物病院に三匹(ライ琴。あかね)ワクチンに、ルイスの前立腺検査…想像通りの結果を頂きまして、11歳&8歳目前で去勢手術をする事にしましたぁ。
本当は避けて通りたかったんだけどね。ルイは交配をお仕事にしてたから若いうちに去勢はしなかったし、ダンはいつか機会があったら嫁っこをって思っててこの年齢になっちゃったあせあせ(飛び散る汗)
肥大だけなら良いのだけど、悪性腫になったら大変だもんね。
少しでも若いうちに…心臓が丈夫なうちにって事で、来月11日二匹同じ日に手術をお願いしました。
が…ドクターは一人なのでどっちを先にお願いするか???悩むところ…ルイスは数年前二度半日入院した事もあるし、ダンよりは肝がすわってるから後かな?まっ、どのみち終了後に一人ぼっちじゃなっくって二匹一緒ならルイもダンも寂しくないだろう?と考える私とshikaなのでした。術後はshikaが見ててくれるから安心手(チョキ)
ニックネーム ねっちゃん at 01:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

なつかしいなぁ…

6_1.jpgこの子はだぁれ?
わんぱら軍団、最近はお年なので口元がだらしなくなり…以前のようにプードルちっくなカットをしなくなったなぁ〜。
ライアンや琴吹なんかズット絵本に描かれてるようなカットしたりしてたなぁ〜。
みんな随分毛量がなくなったなぁ〜。
って、自分が年くったのを棚に上げ、ジジババわんぱらぁずを毎日眺めてる私…。
ライ琴なんかもう人間で言ったら中学生の子供と同じなんだよね。
人間の年齢に換算したら私よりパパママよりもずっと年上なんだよね〜。何かすごく不思議。
12_2.jpg
ニックネーム ねっちゃん at 01:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする